ようこそ、若草FCのホームページです。

若草FC

アクセス数合計15,143

2016 夏合宿 気合いだ!

2016 わんぱくリーグ 3年生

2016 秋 ライオンズカップ2年生の部 準優勝

2017.1/7~1/9 5年生群馬合宿

東京都青梅市の少年少女サッカーチームの若草FCは元気に活動中です!
青梅市で地域の皆様に支えていただき設立30周年を迎えました。

若草FC(若草フットボールクラブ) 設立1985年
代表者 波田野 英嗣 (JFA公認D級指導者)

若草FCは東京都青梅市(主に若草小学校・霞台小学校のお子さん)で少年少女サッカークラブとして活動しています。
青梅市サッカー協会少年部所属
東京都サッカー少年サッカー連盟15ブロック所属
30周年を迎え、ますます飛躍していきます。

活動日及び時間 
毎週水曜日 3年生~6年生(3・4年17時~18時30分)(5・6年17時~19時30分)
毎週土・日(祝日) 1年生(年長さん含む)~6年生 基本活動時間9時~12時頃
※土・日・祝には試合が入る事があります。

主な活動場所
青梅市立霞台小学校

クラブ運営方針【最高の仲間作りの手助け】 
指導コンセプト【最高の仲間と共にがむしゃらに勝利を目指す】
指導方針【みる・とめる・ける・はこぶ・きめる・ふせぐの技術(個・グループ共に)向上】
ミッション【①判断を伴う攻撃 何を見て、どのように裏をかくか?にチャレンジする】 
【②良い準備(見る・予測・アプローチ・カバー)からの守備→保持 or 速攻の判断を行う】

~代表者の想い~
 若草FCの活動を通じて主に主体性、共感力、判断力、協調性そして感謝する心が大きく育まれる事となります。我々指導者も協力して子ども達に指導する体制を整えています。
 我々が提供できる事はサッカーから得られるすべての経験を自分事とし将来の糧にしてもらうお手伝いです。プロサッカー選手を目指す上でも、そうでもなくても、それは例えれば【最高の仲間の作り方】と言う形でも、すでに多くの卒団生が感じてくれていると思います。(卒団生は400名を越えました)
 
~サッカーの面白さは試合の中に~
 試合がなければ子供達もおもしろくありませんし、指導者も練習の成果を確認する場としても重要だと思っています。青梅市内や他地域のチームとも交流していますし、強豪といわれるチームとも積極的にマッチメイクします。もちろん、どんな相手でも【最高の仲間と共にがむしゃらに勝利を目指す】を実践いたします。

~指導目標~
【若草FCらしさの構築を目指す】
1年生【仲間意識を高め、その仲間とサッカーを楽しむ事が出来る】
2年生【戦う気持ちを全面に出せる(勝利と仲間の為に)】
3年生【気持ちと体をコントロール出来る】
4年生【ボール保持とグランドを広く使った攻守の切り替え】
5年生【①堅守からの攻守の切り替え、奪ったボールをすぐに失わない】
   【②確実な得点が出来る攻撃パターンを持っている】
6年生【①2タッチや1タッチを多用した崩しとバイタルエリアで勝負できるサッカー】  
   【②豊富な運動量やアジリティをベースにした、しつこい粘っこい守備が出来る】
   【③チームミッションを理解し体現する】
(判断を伴う攻撃 何を見て、どのように裏をかくか?にチャレンジする) 
(良い準備(見る・予測・アプローチ・カバー)からの守備→保持 or 速攻の判断を行う)
   【④ジュニアユース・中体連につなげる】

上記の指導目標に向かい、コーチはトレーニングのメニューを練り上げます。培った指導経験と新しい指導法への探求心は誰にも負けません。

若草FCの運営については、ここでは語りつくせません。
是非体験にご参加下さい。

近々(2006年以降)の東京都中央大会出場(都大会)については以下の通りです。
2015年(H27年)
◎ 6年生 第39回全日本少年サッカー大会
◎ 4年生 第34回東京都ジュニアサッカー大会 
 ※ 今年度より6年生のさわやか杯は無くなりました。
2014年(H26年)
◎ 6年生 第38回全日本少年サッカー大会
◎ 6年生 第37回さわやか杯 (ベスト16)
2013年(H25年)
◎ 6年生 第37回全日本少年サッカー大会
◎ 6年生 第36回さわやか杯  
2012年(H24年)
◎ 6年生 第35回さわやか杯
◎ 4年生 第31回東京都ジュニアサッカー大会
2009年(H21年)
◎ 6年生 第33回全日本少年サッカー大会
◎ 6年生 第32回さわやか杯
2008年(H20年)
◎ 5年生 第20回住友信託東京カップ
2007年(H19年)
◎ 6年生 第31回全日本少年サッカー大会(ベスト16)
◎ 6年生 第30回さわやか杯
2006年(H18年)
◎ 6年生 第30回全日本少年サッカー大会
◎ 5年生 第18回住友信託東京カップ

以上です。

最新情報

青梅市の少年少女サッカーチームの若草FCでは新会員を募集しています。
幼児・1年生・2年生・3年生・4年生・5年生の体験会開催中(平成29年7月度開催分)

7/15(土) ※2年生・3年生・4年生・5年生
 9:00~12:30 若草小学校グラウンド
7/16(日) ※1年生・2年生・3年生・5年生
 9:00~12:30 若草小学校グラウンド
7/22(土) ※2年生・3年生・5年生
 9:00~12:30 霞台小学校グラウンド 
7/23(日) ※1年生
 13:30~15:30 霞台小学校グラウンド
7/23(日) ※2年生・3年生・5年生
 13:00~17:00 新町G(泉中学校となり)
 
・持ち物 サッカーの出来る服装、飲み物(水分補給用)、(持っていればボール)。
・連絡先 代表の波田野まで(090-1034-2588)もしくはホームページの問い合わせにて
※ご参加にあたり怪我等の保険対応は出来かねますので、ご了解のもとご参加いただきますようにお願い申し上げます。

もし、少しでも興味があれば、まずは練習体験をおすすめいたします。
(もちろん無料で体験に参加出来ます)

入会にあたっては体験に参加いただいた後にご判断いただいております。
お問合せボタンより一度メールを下さい。

もしくは info@irodori-pro.jp (代表 波田野)

電話 090-1034-2588 (代表 波田野) 詳しくご説明いたします。

2009年度卒団父兄より連絡がありました。
以下本文です↓

若草FC出身のJリーガーが誕生・・・2006年度卒団の田中憧選手が2017シーズンよりグルージャ盛岡への新加入が発表されました。
http://grulla-morioka.jp/tab02_team/tm_sksi1213/
身近な若草FCからJリーガーの誕生、すごく嬉しいです。
これからも未来のJリーガーを目指す子供たちに熱いご指導をお願いします。

そうなんです。
今年度のグルージャ盛岡(J3)の新入団選手の中に若草FCOBの田中憧選手がいます。
若草FC→FCGONA→鹿島学園→桐蔭横浜大学

彼を紹介すると・・・。
彼は少年時代ブロックトレセン選手ではありませんでした。
(トーマスカップには選出され、ブロック代表として若草FC代表として戦ってくれていました)
そんな彼がどのようにしてJリーガーになる事が出来たのでしょうか?

先日、若草FCに遊びに来てくれました。
そこで色々と話をする機会がありました。
詳細な内容は、近い将来(1・2年のうちには)田中選手をお招きし子供たちの前でしゃべってもらおうかなと思います。
ほんの少しだけ彼との思い出話をしている時の事を報告します。

「どうやったら、プロになれるの?」
私から質問しました。

彼は、苦笑いを浮かべながら、
「・・・、続けることです」

私は確信しました。
私もそのように思っていたからです。

サッカーをうまくなるための近道は何か?
私もつくづく考えていますが、サッカーを続けていく事しかないなと考えています。
それも、どんな壁があってもです。
そして、理想と現実のギャップを埋める作業をず~と繰り返すのです。
長くなるのでこのあたりにしておきますが、私が少年団時代の田中選手を知る限り、チーム一の頑張り屋さんだった事は称賛に値しました。
しかし、彼以外の選手も同様に頑張っていました。
チームの勝利には間違いなく彼は関わっていました。
しかし、彼以外の選手も同様に頑張っていました。
そういった意味ではごくごくどこにでもいそうな選手なのかもしれません。
田中選手に特別な能力があったとは思えません。
(ただし、強烈な負けず嫌いではありました。)
そんな田中選手でしたから、特別スーパーな選手では無かったという事だけはこれからの子供達には伝えていきたいと思います。
これからも子供たちの将来に深くかかわっている自覚を持って指導にあたっていきたいと思いますね。
皆さんにも幸福が訪れますように!!
2016.12.24 若草FC代表 波田野英嗣


最新の試合結果

  • 2017-08-20 35期生(平成29年度3年生)

    [ 美谷本杯 ] 練馬光和イレブン 1-0 (
  • 2017-08-20 35期生(平成29年度3年生)

    [ 美谷本杯 ] 川口サッカー少年A 2-0 (
  • 2017-08-20 35期生(平成29年度3年生)

    [ 美谷本杯 ] 上高野少年サッカークラブ 1-2 (
  • 2017-08-20 35期生(平成29年度3年生)

    [ 美谷本杯 ] 東久留米キッカーズ 0-2 (
  • 2017-08-20 32期生(平成29年度6年生)

    [ 西八招待 ] 港SS.少年団 1-0 (