ようこそ、矢ケ部ミニバスケットボールクラブのホームページです。

矢ケ部ミニバスケットボールクラブ

アクセス数合計20,139

10月15日 秋季公式戦

男子 団旗

女子 団旗

バスケットというスポーツを通して、健康で丈夫な体と仲間に対する思いやりの気持ち、そして自分で考えて行動できる力を持った子供たちに育てていきたい、そんな想いを胸に元気一杯に活動しています。

◆◆部員募集!◆◆
ご興味ある方は、遠慮なく矢ケ部小学校の体育館へ見学にお越し下さい(^-^)/

◆◆コーチの独り言【1月】 ”努力に関する名言3つ” ◆◆

音楽家、ベートーベンの名言です。
「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」

元プロ野球選手・監督の王貞治の名言です。
「努力しても報われないことがあるだろうか。たとえ結果に結びつかなくても、努力したということが必ずや生きてくるのではないだろうか。それでも報われないとしたら、それはまだ、努力とはいえないのではないだろうか」

進ハイスクール人気講師の林修さんの言葉です。
「正しい場所で努力しているのか?」 「正しい方向に向かって努力しているのか?」 「十分な量の努力ができているのか?」

私は、子供たち一人ひとりが「感謝の心を持ち」「個性を認め合い」、その中で「努力を重ねる」ことで、その子が持つ才能が意味のある形で表れてくるのではないかと信じています。

最新情報

当ホームページの下の方に活動写真を掲載しているミニアルバムURLをアップしました。この方法だと容量制限による問題を回避できます。


*** 全員で「大輪の花」を咲かせましょう! ***
この世に成功の種や幸せの種が有るとしたら、皆さんは必然的にその種をまくことでしょう。でも簡単なことではありません。
種をまくと言うことは、行動を起こすと言う事です。その前にやる事として種をまく土を一生懸命に力を込めて耕さなければなりません。荒れた土壌にいくら種をまいても芽を出さないからです。耕すと言うこととはその前の準備をしっかりとすることです。

まずは選手(子供たち)とコーチと保護者の皆様の3つのつながりの信頼関係を更に強め、一人ひとりが人の為、チームの為に尽くすことから始まっていくと考えています。そうやってできた土壌に種をまいたら今度はその土壌に沢山の肥料を与えなければなりません。

肥料と言うのは何かと言えば絶え間ない努力と忍耐を毎日惜しみ無く与え続ける事です。そうやって素直な素晴らしい芽が出てくると信じています!そして芽が出たらそこで安心せず目標や夢に向かって更に努力を重ね続けることで、初めて美しい大きな花を咲かせることができるんだと思います。

綺麗に咲き誇る「大輪の花」を咲かせるのには沢山の時間と努力が必要です。足元をしっかりとさせるからこそ「大輪の花」を咲かせることが出来るのです。

諦めずに夢や目標を明確に持ち続けて沢山の肥料を人生と言う土壌にまくことで、子供たちの人生も私たちの人生も素晴らしい「大輪の花」を咲かせることが出来ると信じています。


<挑戦するための3つのキーワード>
①意識
 今やっていることが正しいか、次に何をすべきかを考え行動する
②リズム
 スピードとタイミングを合わせる
③覚悟
 絶対に成し遂げてやるという強い意志を持つ

【アルバムのURL】
◆アルバム1
http://30d.jp/yakabe315/5
◆アルバム2
http://30d.jp/yakabe315/1

<熱中症の基礎知識と応急処置>
●環境省より
http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php
●大塚製薬より
http://www.otsuka.co.jp/health_illness/heatdisorder/

最新の試合結果

  • 2018-01-07 女子

    [ MATカップ ] 八児 36:37 (
  • 2018-01-07 女子

    [ MATカップ ] 南丘 33:30 (
  • 2018-01-07 男子

    [ MATカップ ] 青柳 33:19 (
  • 2018-01-07 男子

    [ MATカップ ] 芦屋 42:17 (
  • 2018-01-06 女子

    [ MATカップ ] 田口 34:35 (