ようこそ、【旧HP】湯島小SC/F.C.GRASSROOTSのホームページです。

【旧HP】湯島小SC/F.C.GRASSROOTS

掲示板

試合 7ブロック交流試合(3年生:6/19@砧グランド)

2016年6月19日(日)砧グランド
7ブロック3年生交流試合 15分ハーフ 8人制
参加者: 8人(3年生8人)

vs 東根JSC ×0-5
vs 月光原SC ○3-0
vs 金富SC △3-3

トップリーグの予備日となっていたこの日、晴天にも恵まれ7ブロック3年生交流戦が無事に行われました。この日はグラスルーツの参加者が少なく、ぎりぎりの8人での戦いとなりました。

試合前のテーマとして、前日の合同練習時に高野コーチに指導いただいたように、前が詰まった際に無理に前に攻めるのではなく、しっかりキープして横や後ろにパスをし、逆サイドのスペースにいるフリーの選手にサイドチェンジをする、また切り替えを早くしマークを確認したり、ゴールキックの際もサイドバックが開いて、すぐにもらう準備をすることを心がけました。

1試合目、東根JSCはみんながしっかりドリブルが出来、1対1の対応で簡単に抜かれることが多かったです。ドリブルでかわされてしまうとカバーリングでマークがずれ、ゴール前をフリーにしてしまい簡単に決められてしまいました。グラスルーツの方も決定的なチャンスが何度かありましたが、結局点を決めることが出来ず。

終盤にアクシデントが。キーパーの子が相手との接触プレーで手を負傷し続行不可能になってしまいました。8人ギリギリの参加だったため、交代がおらず以降7人での戦いが強いられます。

2試合目が始まる前、1対1での守備の対処について話しました。まずは相手に対して素早く寄せる、そこから簡単に飛び込まず相手に着いて行く、相手がボールを大きく離した時に体を入れて取りに行くということを練習しました。

効果があったのか、2試合目は1対1での対処もしっかり出来、ドリブルでの突破も出来るようになってきました。右サイドからの突破、センターリングからのゴールは形になってきましたね。

3試合目、相手はいつも対戦させて頂いている金富SCさん。ドリブルだけでなくパスでも崩されてしまい、立て続けにシュートを決められてしまいました。

前半終了時点で0-3、厳しい状況でしたが子供たちは諦めてませんでした。右サイド、角度の無いところからのループシュートで1点返すと、さらに1点追加、終了間際にもドリブルからのシュートで同点に、見事に引き分けに持ち込むことが出来ました。

この試合で子供たちは諦めない気持ちを学べたと思います。今後も厳しく苦しい試合になることがあるとは思いますが、その時にこの試合を思い出し、負けていても焦ったり苛立ったりせず、諦めない気持ちを持って戦いましょう。きっと結果はついてきます。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。また審判・コーチとご対応ありがとうございました。

広瀬

投稿 HP管理 [ 2016-06-19 21:47:00 ]